人と大地が響き合う仕事をするとき




























都会人にとっては都会が自然だ。田舎に暮らす人にとっては自然が自然だ。
どちらもありのままなのに、お互いに羨望の眼差しで見合ってきた。しかし、
インターネットが居間と世界をダイレクトに結ぶ高度情報時代のいま、その
”差異”はおぼろになってきた。地方にいてもリアルタイムで情報をキャッチ
できるし、発信できるからだ。

人と大地が響き合う仕事をするとき、生きがいもやりがいも充ちてくる。
街づくりの一翼を担うという自負心と誇りを携えながら、名工土木は、
これからも地域を元気にするプロジェクトを提案してゆきます。